人気の理由

ファイルを開く女

公認会計士が人気の理由は、「幅広い業務を行うことができる」、「高収入を得ることができる」という二点です。公認会計士になるには国家資格を取得する必要があるため、それに向け十分に勉強することが大切です。

Read more

勉強はどうする?

デスクワークの男

日商簿記1級の資格は、難易度が高いことから独学でも予備校や専門学校でも相当勉強しないと取得できないと言われています。ですから、勉強を行なうのなら環境を整えたほうがいいでしょう。

Read more

資格受験の道

ペンとメモ帳

資格試験の難易度は、それぞれの資格内容によって大きく異なってくるところがあります。この勉強を効果的に行うことで、今後の発展に大きく繋がると言えるのです。しっかりと行っていきましょう。

Read more

利用することで

自分の取得した資格を有効的に利用する上で重要な事は、十分に利用出来る環境に付くことが最善の方法と言えます。資格習得したら終わりではなく、そこからが本当の始まりなのです。

Read more

プロになる為に

スーツ姿の3人の外国人

より効果的な公認会計士の勉強方法を調べるならこちら。お勧めのスクールもチェックできるので自分に合う学校を調べましょう。

公認会計士の資格を取るためにはその試験に合格する必要がありますが、その試験に合格つる確立は10パーセントも満たないほど、難しいものだといわれており、もし取得したいと思うのであれば、その勉強量はかなり必要となります。合格するまでにかかる標準勉強時間はおよそ3000時間から5000時間とも言われており、簡単に取ることができるものではないことがわかります。公認会計士の資格を取るために昼間は大学や専門スクールに通って専門的な授業を受けながら勉強していく人もいますし、なかには通信講座を利用して独学で勉強する人もいます。通信講座ですと大学や専門スクールに比べて費用は安く済みますが、独学で行なうという厳しいハードルが付いてきます。その分大学や専門スクールでは費用が高い分専門知識が付きやすくなります。

その取得が難しいといわれている公認会計士はどのようにしてできたのか、その歴史は産業革命が起きた時代までさかのぼります。誕生したのはイギリスでして、産業革命となってから会計を専門とする仕事へのニーズが高まっていったのです。それから時が経ち、株式が発達していき問うしかと経営者が分離するようになってきだし、第三者による財務証明の必要性が出てきたのです。その企業のための財務証明を主として勤める職業として公認会計士が誕生し、今も続けられている仕事となっております。なので、企業にとっては頼りになる財務のスペシャリストとなるわけなのですから、公認会計士の資格取得の試験の難易度が高いのも仕方のないことなのです。

オススメリンク